つまりの解消法

すっぽんトイレットペーパーやティッシュがトイレにつまった場合、手っ取り早い方法は「すっぽん」を使います。トイレの奥にギュッとして、引っ張るとつまりが取れ、流れていきます。簡単にできますし、それが一番のおススメです。

もう一つは「お湯」を使います。便器は陶器なので熱湯は壊れてしまいますので、50度くらいのお湯を流し込みます。50度ってわかりにくいですが、沸騰していなければ100度ではありません。湯気が出てくる感じが、50度前後です。

それを一気に流し込み、トイレットペーパー、ティッシュペーパーを溶かします。ティッシュペーパーは流れにくい可能性があるので、その場合は「お酢」と「重曹」を同じくお湯に溶かして便器に入れると流れやすくなります。便器の中に30分から1時間くらいかけて放置します。すると紙の破片みたいなのが出てくるので、そうするとつまりが解消します。お掃除シートや掃除ブラシ、流せるティッシュの場合も同様に溶けます。

トイレットペーパーやティッシュのつまりは、自分でほとんどが解決される問題です。それでも溶けない、流れない、もっと悪化した場合には、排水業者、水のトラブル業者にお願いするのがいいでしょう。

トイレのつまりの1番の原因は?

トイレットペーパートイレのつまりで一番の原因はトイレットペーパー、またはティッシュペーパーです。ティッシュペーパーは、流してはいけないものナンバー1で、ついついトイレットペーパーがなくなった時に、ティッシュペーパーで代用してしまいます

しかしティッシュペーパーは水に溶けるようにできてないので、水は吸収するのですが、ほどけにくい繊維で使用されているので、トイレに流すことができないのです。1枚だから大丈夫と思って、流してしまいますが、実はそれでもつまってしまうことになります。

またトイレットペーパーも大量に使うとトイレのつまりの原因になります。トイレットペーパーは、水に溶けやすい「水解紙」でできていて、ほとんど商品が1分水に浸したらほどけるようにできています。しかし重ねて使用することにより、大量に使用して流すことにより、溶けにくくなってつまってしまうのです。

できればトイレットペーパーはこまめに流すようにしましょう。そうすればつまることはなくなります。特に大の場合は大量に使ってしまうので、どうしても詰まってしまいます。その際もこまめに流すようにしましょう。また流せるトイレ掃除シートやトイレブラシ、流せるティッシュのようなものも、「流せます」表示がありますが、溶けにくい時もあり、つまりの原因になります。要注意です。

トイレのつまりでお困り?

トイレのつまりは、本当に大惨事になります。たくさんの家族がいれば、それは大変な事件になるでしょう。トイレは1日に2回最低でも行くと言われています。もし5人家族だったら、最低でも10回はトイレに行くのです。トイレがつまって使えなくなると、この10回分、不自由になります。

トイレの構造は、流れているのが見える部分から上にあがり、細いところをS字のようにしてあがっていきます。その方が流れが強く、たくさんのものが流れやすくなっています。しかし、その細い部分に大量のものや、溶けにくいもの、固形物などの異物がつまると、トイレのつまりになり、そして水が溢れかえるか、水がなくなるような状態になります。

トイレトイレのつまりをなんとかしようと思えば、一番にそのつまりの部分を取らなければいけません。例えば、こどものおもちゃや携帯電話などです。奥まで入ることは少ないですが、もし奥まで入ってしまった場合には、取り出さないとつまりは取れません。その際、携帯電話はもう使えなくなってしまっていますが。

よくトイレにおもちゃを飾ったりしている人は、そのおもちゃがなんらかの衝撃で便器に落ちてしまうと、流れている途中に流してしまう可能性もあります。できれば、便器回りには物は置かず、流れそうにないものは流さないを徹底するとちょっとした事故のようなことは起こらないです。さらに単純に、トイレのつまりの原因その対処法についてお知らせします。